FC2ブログ

フェンダージャズべース 1963


FENDER JAZZ BASS 1963
「シリアルナンバー L10181」
「ネックDATE、FEB63A」
 最近15年ぶりに新しく楽器を買いました。(新しいといっても50年くらい前に作られた楽器ですが)昔1962年のフェンダージャズべースを持っていましたが金に困って売ってしまいました。その楽器は
本当に良い楽器で弾きやすく音色も他の楽器と良くブレンドして使いやすい楽器でした。その後MOONの
ジャズべースを買ってずっとこれ一本でやってきました。ムーンのべースも弾きやすく音も癖の無い使い
やすい楽器で問題無いのですが心のどこかにいつか縁があればもう一度60年代前半のフェンダージャズ
べースを弾いてみたいとずーっと思っていました。すると最近同じ学校でべースの講師をしているべーシスト
の方が63年のフェンダージャズべースを売ろうと思っていると言う話を聞いて是非売ってくれませんか?
と聞いたら「堀さんなら良いよ」と言う事で今の相場?(楽器屋さんで買うといくらくらいなんでしょう?)
よりはかなり安く?譲って頂きました。同じ60年代前半でも以前に持っていた62年のジャズべースとは
また別物ですね。弾きやすさは62年の方が弾きやすかったですな、音を文章で伝えるのは難しいのですが
音色は63年の方が太くパンチのある音のように思います。不思議なのですがパワーも今の楽器よりもすごくありますね。生音もすごく良くなる楽器でアンプを通さ無くても本当に良い音がします。バンドで使う
時は62年の方がアンサンブルしやすい音色で癖が無くそれでいて音の抜ける良い楽器でした。使いやすさ
で考えると62年の方が扱い易かったように思われます。同じ頃のジャズべースでも一本一本個性が在る物
ですね。こういった音色の違いは楽器の何の違いに因るものなのでしょううか?(ピックアップとか?)
もし詳しく判る方が居れば是非教えて下さいませ。まあ今度こそは大事に弾いて行こうと思っております。
 ではでは。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ほりつよし

Author:ほりつよし
1966年3月29日生まれ 香川県出身 
1988年 ”宮間利之とニューハード・オーケストラ” に入団。同バンドでNHKセッション505 ’88, ’89、日本武道館でのオールジャパンジャズエイド’88, ’89に出演。
1988~1990 TBS ザ・ベストテンのバックバンドをつとめる。
1990年渡英。ロンドンでストリートミュージシャンとして音楽活動。同年8月イタリアで開催されたストリートミュージシャンのフェスティバル、フェラーラ・バスカーズフェスティバル’90 に出演。
1992年渡米。ニューヨークでマーク・イーガン氏に師事。ハーレムを中心に音楽活動。
1999年初リーダーアルバム ”Intense” をリリース。
2000年から中野自由学園で音楽講師を勤める。
2005年 ”宮間利之とニューハード・オーケストラ” バンドでNHKセッション505に出演
2009年セカンドアルバム”レジスタンス” 発売。
現在、自己のバンドで都内ライブハウスにて暗躍中。

CD
↓入魂のリーダーアルバム
クリックでジャンプします。

参加作品
牧さちこ with ニューハード
レッスン
ジャズエレクトリックべース教えます
埼玉県戸田市の自宅にて
出張レッスンも承ります

お問い合わせ先
tsuyobass-h@softbank.ne.jp
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク